農地と青い空に映える木をふんだんに使った民家型の住まい。手前の草地はすべて自然農で耕す畑です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

料理大好きなKさんがお住まいになるこの自然農の家は薪ストーブを採用。土間の軒下空間には冬用の薪が山済みになっています。この軒下空間は、畑からキッチンへ行く途中の中継地点。陽光を避けて、農作業の下準備などを行う大切な場所なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

室内の主役スペースはキッチン&ダイニング! 特にキッチンはいかに効率よく、そして楽しみながら料理を作るのかを徹底的に考えた配置になっています。天井に隠れている小さなロフトから差し込む柔かな光が拡散して、素敵な陰影もできています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農地転用からデザイン、施工までをコーディネートさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 -苗床から食卓まで-  自然農の畑を耕して暮らす住宅です。 深い軒下は作業場として、内部もほぼ作業場としてつくり、井戸と太陽熱を組合せることで、  環境負荷や光熱費の低減を配慮した個性的な仕様となっています。  とりわけ機能的に整理された台所が見どころです。 by 人の力設計室 」