糸島市で進行しておりました『大庇の家』が完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内土間から外の土間テラスへと繋がる開放感をデザイン。

リビング空間と屋外とが一体となる空間的なコアを家の中心に置き、その左右に食空間と寝空間を配置しました。

ダイニングに近い内土間には木質バイオマスの薪ストーブを置いています。

 

 

漆喰壁と無垢材の床(アカシア)、天井(スギ)もナチュラルなライフスタイルそのもの。

 

 

背景の竹林とも美しいコントラストを描き、夜景にも映える平屋となりました。