福岡県飯塚市にてリノベーション住宅が完成しました。

 

 

 

 

 

このデザインは、弊社が展開するフォレストバーンをベースにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

before

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

after

今回のリノベーションを経て、新たに生まれ変わりました。

 

 

 

 

 

 

外観はまだ木塀ができていない状態です。

グレーのモルタル壁とシルバーのガルバリウムのマッチングが素敵です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関脇のブラケットはお施主さんセレクト。

アウトドア好きならではのチョイス。夕暮れの燈が子どもたちを優しく迎えてくれることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェアハウスでいつも採用している円形のウッドチェアの横に置いてある大きな鉢は、

なんとうどんを作る際に使用する寸胴だそうです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土間リビングにはヨツールの窓が大きいタイプの薪ストーブ。

薪置きはスノーピークの人気アイテム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リノベーションだからこそ現しとなった古材の梁には、家の歴史が刻まれています。

床と天井に使った杉板貼りとの相性もバッチリです。

 

 

 

 

 

 

 

階段は鉄骨製にして黒く塗装。

空間が一気にモダンになります。

 

 

 

 

 

 

 

シンプルなダイニング&キッチン。奥に見えるのは裏庭にある石積みの崖。

 

 

 

そこから崖の上の親世帯を見上げることになります。

美しい光に溢れています。

 

 

 

とてもリノベーションとは思えないほどに一変した風景が家中を包み込んでいます。

 

 

 

この家では、様々な場所に

リビングや子ども室を設けることができます。

 

 

 

可変的な多機能空間がそこかしこにあるのです。

 

 

 

 

そこでどんな風に子どもたちが育っていくのか、とても楽しみです!